消費者金融の信用情報ガイド 本文へジャンプ
信用情報機関とは…

参考ホームページ 学生ローン・キャッシング情報局

信用情報とは、”資金需要者である顧客または、債務者の借入金の返済能力に関する情報”となっている。
指定信用情報機関が会員とも間で収集、提供を行うものが信用情報である。

一方、指定信用情報機関間で情報交流が義務ずけられている、個人信用情報は個人を相手方とする貸付に係る契約を言い、具体的には、氏名、生年月日、住所、電話番号、貸付状態などの事で、信用情報の一部が個人信用情報に該当する。

指定信用情報機関とは、信用情報提供などを行う法人であり、一定の要件を満たすことを条件に内閣総理大臣により指定される機関であり所定の監督に服する。


貸金業法規制法では、貸金業協会は自ら信用情報機関を設立したり、または、他の信用情報機関を指定して、貸金業協会会員に信用情報機関を利用させることによって、過剰貸付を防止するように規定されています。
貸金業協会会員である貸し金業社は、過剰貸付を防止しなければなりません。

信用情報機関を利用するにあたって、お客様の返済能力の調査以外で信用情報を利用してはいけません。
個人情報の保護に関する法律の規定を尊守する必要があります。
信用情報機関は、その業務を行うにあたっては、正当で的確な業務運営を努めるとともに、信用情報が目的外に利用されないように、確保することや、取扱の信用情報の適正な業務運営体制を整備することなどの保護法ガイドラインと実務指針の規定に基づいて、適切な取扱を確保しなければならない。


指定情報機関と信用情報提供契約を締結し貸金業者は指定信用情報機関に対して顧客の信用情報提供を負う。
貸金業者は顧客と契約をしたとき、延滞なくその融資などに関する個人信用情報を提供するする義務を負う。
また顧客から指定信用情報機関に対する信用情報提供依頼や信用情報提供を行うことについて、同意を得ないといけない。


このように、膨大な情報はキチンと管理されていると言える。